アーカイブ ‘ 2009年 8月

今更前半戦総括

書くのサボってる間に8月になってましたよ!
ファイターズはオールスターを挟んで9連勝で、まだ8月なのにもうCSマジックが点灯。
ただお得意様のロッテとの対戦がもう殆ど無いので、ここからが勝負処かなぁ。

なんでこんなに強いのか、ハムファンの俺も分かりません。
今3割を超えている野手は、稲葉を除けばみんな例年2割5分~7分そこそこの選手のはず。
確変がたまたま同時多発的に起きてるのか、それとも本当に打撃開眼しちゃったのか。
特に金子誠が未だに高打率をキープしてるのには違和感ありまくりです。
自信の好調と一軍の打線の好調が重なっちゃった中田は本当に気の毒だけれども…w

数年前から身体能力だけは滅茶苦茶高い評価をされてきた糸井も、やっと出てきました。
日本人で3割30本30盗塁を狙える選手はそう多くないけど、この人は今後数年の間に達成しちゃいそう。
それくらい素晴らしい選手です。肩もアホみたいにいい。
ただちょっとオツムの方が弱いみたいだけど…でもそれも面白くてよいです。

うちは基本的には守備のチームなだけに、多少打つ方が調子落としても
最悪の事態には陥らないのが強みで、膝の悪い信二以外は
スタメンがそのまま守備固めみたいなものなのがスゴイ。

投げる方はもうダルビッシュ素晴らしいの一言に尽きる。
もう本当に打たれる気がしないもの。アテネの時は「日本のエース」とか呼ばれるのに違和感あったけど
今は名実ともにエースだもんなあ。1年目と比べるとスーパーサイヤ人3くらいにはなった。

先発は藤井も安定してるのがいい意味で想定外。
成績がいいと、頻繁に更新されるブログも幸せな気分で読めますね(はぁと)。

リリーフは勝ちゲームで投げる宮西、建山、林、菊地が大崩れしないのが大きい。
宮西は期待以上、建山と林は実績通りだけど、よく分からないのが菊地。
今年突然出てきて、いきなり中継ぎエース(と言ってもいいと思う)ですよ。
菊地のストレートを見ていると、現ヤクルト押本の好調時のストレートを思い出します。

で、防御率3点前後の菊地の何が凄いのかというと、ランナーを出さない安定感。
WHIP(1イニングに平均何人ランナーを出すかの指標)は0.95で、
流石にファルケンボーグとかシコースキーには及ばないものの、リーグではトップクラスの成績です。
(ちなみにダルのWHIPは0.83…化け物すぎる)

抑えの久はややヒヤヒヤさせるも普通に抑えるし、今のところ投打どちらも綻びが見えない。
下手したら06年よりも強いかもしれない。このまま優勝できたら最高のシーズンだなぁ。

return top